顔のコンプレックスよ0さらば|小顔整形で自信あふれる

可愛い目元になる方法とは

注射

涙袋を作るとよいです

目元の美容整形手術と聞くと、一重まぶたを二重にする手術を連想する人が多いですが、目元の魅力をアップさせる方法がそれしかないわけではありません。年齢が高い方の場合ですと、目の下の皮膚のたるみを取り除く治療を受けるケースが多いです。でも、若い方の場合は、目の下の皮膚に膨らみを補ってやることによって、可愛いらしさをアップさせることができます。下まぶたの皮膚の膨らみを涙袋と呼びますが、目の下に涙袋があると、顔全体の印象が優しい雰囲気になります。目の下の皮膚が平坦になっていると、とてもシャープな印象になります。清潔で知的に見えるというメリットはあるものの、ともすれば冷淡そうな印象を周囲に与えてしまいます。でも、目の下に涙袋があると、温かみの感じられる可愛らしい雰囲気になることができます。この涙袋は、ヒアルロン酸注射を打つという方法で簡単に作ることができます。ただし、ヒアルロン酸注射による治療効果に永続性はありませんので、そのことを理解した上で治療を受ける必要があります。

治療にかかる費用

美容外科クリニックの治療は、原則的に自由診療扱いになっています。したがって、どこのクリニックでヒアルロン酸注射を打つかによって、治療にかかる費用が大きく変わってくることになります。料金設定には意外なほど大きな幅が生じていますので、相場費用を一概に言うことはできません。ただし、ヒアルロン酸注射を用いる治療の場合、注射1本あたり5〜10万円を一応の目安にすることができます。この段階で既に2倍の料金差が生じていることになりますが、注射を何本打つかによって、総費用の差がさらに大きくなることになります。ですので、正確な費用を知りたいのであれば、クリニックを受診して具体的な費用見積もりを出してもらうのが一番です。電話で概算額を教えてもらうことはできますが、実際に診察してみないことには、医師としても正確な見積もりを出すことができません。