子供に習い事をさせるワケ

子供の可能性を広げてあげるために習い事をさせる親は大勢います。親自身が昔行なっていた習い事が自分自身の成長に役立ったので、子供にも同じようにしたいと考えるケースもありますし、親が子供の頃にできなかった習い事を子供にさせてあげたいと考える場合もあります。

幼い頃から通わせたいと思う人気の習い事ランキング

no.1

体操

親が子供の頃に跳び箱やマット運動など学校の体育の授業で苦労した経験から、子供のために体操を習わせるケースが多いようです。ピンポイントでマスターしたい種目だけを教える体操教室もあります。

no.2

書道

書道をすれば、字がきれいになりますし、集中力も身に着くということで人気があります。他にもきれいな字を書くためには、正しい姿勢が必要なことから、姿勢が良くなったり、礼儀作法も身に着くといったメリットもあります。

no.3

音楽

ピアノを始めとする音楽教室の人気も高いです。親が習っていて良かったからという理由や、将来、学校の先生になる時の資格取得に役立ったり、学校の音楽の授業でも苦労しないで済むように習わせる親もいます。

no.4

英語

小学校でも英語の授業が始まることになっており、中学高校の英語の授業のレベルも上がってきてきているので、そうした状況に備えるために英語を習わせる親は増えています。英検を受けて、就職に有利になったりするメリットなどもあります。

no.5

水泳

体力を増進させるのに効果的なために人気があります。喘息や虚弱体質を改善するのにも効果的です。性格的に弱かったり、落ち着きがなくて、集中力がない子供の性格改善にも効果的だと言われています。

英語の学習は将来に役立つ

吉祥寺の幼児教室でも英語を専門に教えるところもありますが、小学校の就学前から英語の学習を行なえば、小学校から始まる予定の英語の授業にもスムーズに入っていくことができます。

どうしようか迷っている!それなら幼児教室に関する疑問を見てみよう

子供

幼児教室で行なわれている学習内容

幼児教室の種類によって、学習内容は異なってきますが、一つには子供の知能的な発育を助ける知育系の幼児教室があります。文字の読み書きや集団行動のルールなどを学び、幼稚園に入る前の訓練としても有効です。他にも、外国語の勉強を中心とした幼児教室や、体操や運動を中心として、子供たちの身体能力の向上を目指す幼児教室などがあります。

幼児教室へ通うための費用

一般的な幼児教室の場合、相場は1ヶ月で5,000円から15,000円ぐらいとなっています。これに受験対策などもプラスすると、10,000円から20,000円ほどになります。作法や躾を教える幼児教室は、相場も高く1ヶ月で60,000円以上かかるようです。個人が行なっている幼児教室は、相場が下がり、1ヶ月で3,000円から6,000円ほどになります。

失敗しない幼児教室や幼稚園の探し方

まずは、子供を幼児教室や幼稚園に通わせる目的をはっきりさせる必要があります。総合的に子供の知能や社会性を伸ばしたいのか、身体機能を高めたいのか、幼稚園や小学校の受験に合格したいのかという目的によって選ぶべき幼児教室も異なってくるからです。入室前には、体験授業を受けて子供と先生の相性はどうか、子供が興味を持って続けられそうかをチェックするのも重要になります。

[PR]
英語が学べる幼稚園!
こどもの語学教育に最適

幼児教室へ通わせたい親御さんのよくある質問

親は一緒に参加しますか?

子供だけで参加する幼児教室もありますし、親と一緒に参加することのできるコースを持つ幼児教室もあります。年齢によって、親子が一緒にいる子供たちと、子供たちだけのクラスを分けているケースもありますので、事前に確認が必要です。

大手と個人の幼児教室では、どちらが良いですか?

大手と個人の幼児教室ともそれぞれにメリットがあります。大手の場合は、カリキュラムやマニュアルがあるので、複数の校舎があってもレベルはある程度揃っています。個人の幼児教室では、個別指導や少人数のきめ細かい指導であることが多く、月謝が安めに設定されていることもよくあります。それぞれのメリットを良く考慮した上で、選択することが重要です。

先生は免許を持っていますか?

幼児教室の先生には、必ずしも幼稚園教諭免許や保育士の資格を持っていない先生もいます。大手の幼児教室の場合、ある程度カリキュラムが均一なため、それほど影響はありませんが、個人の幼児教室の場合は、先生たちの持っている資格も様々です。気になる場合には、きちんとした資格を持つ先生がいる教室に入室した方が良いでしょう。

いつから幼児教室に通わせた方がいいですか?

早ければ早いほど良いと考えられます。0歳から3歳までに適切な刺激を与えれば、脳は急速に発達するとも言われています。実際に0歳児から通うことのできる幼児教室もたくさんあります。親の経済状況もありますし、年齢制限のある幼児教室もありますので、個々の状況に応じて、なるべく子供が小さい頃から利用することを検討してみることができるでしょう。

子供がちゃんと座って参加できなくても大丈夫ですか?

多くの幼児教室では、子供たちが楽しめるような教材を使ったり、飽きさせないレッスンになるよう工夫していますので、それほど心配する必要はありません。無料レッスンに実際に参加してみて、子供の様子などを見てみると良いかもしれません。親と離れるのが心配な子供の場合には、親と一緒にレッスンを受けるコースを選択することもできます。

幼児教室で感受性を高めよう

広告募集中